【婚活 女性】恋愛感情が持てないまま結婚って!?
その原因と対策は?

婚活 お悩み

お見合いで結婚を考えている交際相手に対して、恋愛感情が湧かない?

「結婚するのに、気もちが盛り上がらないなんて…大丈夫?

…あとあと後悔したらどうしよう…」

実際、悩んでしまう方は案外多いです。

一体なぜ、そんな風になってしまうの?これは自分の問題?お相手の問題?

理由は一つじゃないかもしれませんが、少しでもわかれば安心します。

そして、この交際、どうしたらいいの?

…ですよね!!

こちらの内容はYouTubeでも公開中です!

この記事を書いた人
yuda

「私、結婚できないかも…?」若いころから超自己肯定感が低く、やっと40歳を前に一念発起。心理学・性格学・カウンセリングやセラピーを学び、41歳で結婚・42歳で出産。実体験をもとに「婚活カウンセリング&結婚相談所リアルラブ」を開設し、夫とともに今年で22年。婚活だけでなく夫婦関係、子育て、セックスレス、妊活などの相談も好評。

なぜ恋愛感情が湧かないのか?

恋愛感情がないのに結婚?

なぜ恋愛感情が湧かないか、その原因を解明しましょう。

まず、はっきりしておきたいのは、お見合いというのは「男女関係」を前提にしてるじゃないですか。つまり「エッチする相手」を吟味してるんですね。

ですから、男の人は「わーいわーい!この人とエッチできる?!」って気持ちがどんどん上がるかもしれないけど、女性にとっては「ちょっと待って、この人とエッチ?!」という出会いです。女性は身構える。

身構えるってことは防衛してるってこと。自己防衛に入ってる。

つまり身構えている=ハートが閉じている」ってことですよ。だから、好きになれるっていうのは余程じゃないとありえない。

これ面白いんだけど、相手が何か間違えちゃったとか、うっかり○○し過ぎたとか、そういうハプニングがあると不思議な出会いとして案外前向きに上手くいったりする。そういうのはありますよね。

だけど、お見合いは「予定調和」。だいたい男性の場合は、「すごく可愛い方で素敵で」…と「交際希望」というのが多いわけですけど、女性の場合は「これといって問題が見つからなかった」。「問題がないんだからもう一回会ってもいいかな」みたいな。これぐらいのテンションの違いがありますね。

だって女性はハートを閉じているんだもの。

つまり、いわゆる男性の場合はね、誰でも隙あらばそういうふうにイタしたい、みたいなところがあるじゃないですか。

まー、ないとは言わない。

女性の場合は「隙あらばが嫌」なんですよ。

隙は見せたくない。

そうです。隙は見せないということになるんです。だから、この「絶対隙は見せないわよ、2回目、3回目会ったって別に隙は見せない、4回目会ったけど…何か全然ドキドキもしないし別に問題はないけど無難な男ね」みたいな、そういうふうになってしまうことが多いわけです。

それは本当にリアルだね。

これが1つの原因。一つっていうか一番大きい原因。

お見合いでは恋愛感情は湧きにくい。「恋愛感情を湧かせるためにはどうしたら」っていうのは後で言いますけど。

ストライクゾーンが広い人と狭い人

もう1つあるのは、ストライクゾーンがとっても広い人とすごく狭い人といる。

ちょっとでも自分のゾーンから外れたら「何か駄目」って。これは何故かってことですけど。

これはご自身の過去に何かがあるということですね。

すごく人の素敵さとか素晴らしさとか魅力とか、そういうものを発見しやすい状態にいる状態は「ストライクゾーンが広い」=誰でも好きになれる。その人の良さが見えてくるってことですよね。

だから選択肢がいっぱいあるんですよ。「あの人も素敵この人も素敵!あーこんな人も世の中にはいたんだぁ。なんて面白いんだろう」とか。お見合い体験をそんな風に言える人って意外にいますよ。人間としてすごいなと思います。

かたや、ストライクゾーンが小さすぎて、どこで誰と会っても自分のストライクゾーンからはみ出しちゃう。

例えばよくある話は、「直近の彼にまだ未練がある」とか、「悪い恋愛をしちゃって騙されちゃった」とか、男というもの全体がなぜか信じられないとか、いろんな傷を負ってる。

それとよく言いますけど、例えば幼い頃に、女の人の場合だと「父親と問題があった」とかって案外多い。加えてお母さんとも仲が悪かったとなってくると、ストライクゾーンは複雑で狭いですね。

とにかくこのストライクゾーンっていうのは、平たく言うと「自己肯定感」なわけです。

自己肯定感が高い人は相手の魅力もわかるから、広い。ここを広げてあげる必要があるわけですよね。

まぁ私達がやってるのはそういうことです。

そうですね。私達はそのためにカウンセリングをやっています。過去何があったかとかね、いろんなことを聴きながら、自分自身の嫌いな部分のことも許していこうね、みたいなことでやってますね。

とにかくストライクゾーンが広がっていくってことがすごく大事。だけど、実際は、ここで気が付いてもすぐにはハートが開かないことも多いですよ。

「なるほど!よく分かった!!けど相手の事を好きにはなれないわ」って。

恋愛感情の有無だけで結婚相手を決めない

つまり「恋愛感情が湧かない」こと=「結婚相手として相応しくない」わけじゃないってことです。好きになれる、なれない、だけで結婚相手を決めない。

心が開かないっていうのは、例えば本人が自分自身の人生に対して「夢や希望を持てているかどうか」というところでも大きく左右するじゃないですか?

例えば仕事があまり上手くいってないとか、ちょっとお金が足りないとか、具合が悪いとか、そういうことをたくさん抱えながら結婚相手を探していらっしゃる方っていると思うんですね。

結婚っていうことに夢を見出したいけど、自分自身がそういう状態だとよほどの相手だってドキドキはできないことになっちゃいます。

できない自分を許しましょう、まず。

それはあなたが駄目なわけではないです。多分辛いんです、生活とか諸々のことが。

自分自身にまだ夢が持てないけど、この人はすごく良い人だし人間的にも信頼できる…と感じたら、その人と2人の人生選んだ方が絶対幸せになる可能性が。

2人でとにかく手を携えてやっていきましょうって。お金がないとか若干病気だとかそういうようなことも、逆に2人でいろんな事を話し合いながら抱えていったら、健康になったり節約できたり、希望が見えたりする可能性が広がっていくじゃないですか?パートナーシップって、そういう意味ではすごくコスパが良い。

お金だけじゃなくね。

そう、コストパフォーマンス。だから、「1人で悩んで孤独の中を惨めな思いで…」みたいな、そういう状態から大きく変化していく。

「私こうしたいんだけどどうしたらいいかな?」って相談できるし、「そうだね、僕はこうだし」っていうことを聞けるだけでも、「そうかぁ、じゃあ私そんなに気にすることもなかったのかもしれないな」って思えるし。

例えば転職だって「今職場があんまりにも人間関係が悪いから」っていっても、1人だと転職する勇気さえ、よほどじゃないと出ないこと多いですよね?

でも、2人でいると、事情を共有してくれて「それなら転職した方が良いんじゃない」と言われて思い切って転職してみて、結果すごーく上手くいった成婚会員さんもいますよ。

2人でいると、そんな感じ。

恋愛感情が湧かなくても問題ない

なので、恋愛感情が湧かなくても、問題ないです。

お相手が信頼できて話をしてて良い人だなってちゃんと思えて、2人で一緒にやっていけるって思えたら。そし2人になって、心からリラックスすると、結婚した後にハートが開くんですよ。「本当にこの人のことを愛してるな」って思えるんですよね…。

ハートが開いてない時って、足りないところばかり見えるんです。

そしてハートが開いている時は、魅力がとっても良く見えるんです。

うん、相手は同じ人でもってことね。

自分の状態が、ハートが開いてる時って元気なんです。元気でいるから、「自分が大丈夫」だから、相手の長所が見える。

でも自分が元気じゃない時は相手の弱点が見える。怖くなるんですね…。

だからむしろ「今自分が元気じゃない」ってことを自覚していれば、「2人で手を携えてやってみませんか?」って決断ができます。

ではどうしたら良い?

じゃあ対策ですね、これから話すことは対策。

まずさっき言ってた1つ目の話です。「お見合いだから。」

お見合いだからプロテクトしちゃう。それはずっと案外プロテクトしちゃうんですよ予定調和で。

だからこそ、私達カウンセラーさんは「問題がなかったらまた会ってみましょうね」みたいなね。少しずつ、でも頻繁にしょっちゅうメールのやりとりを毎日するとか、週に一回以上は会うとか、そうやって親近感を持っていく。

デートを習慣化していくことで「この人はしょっちゅう会ってるから親しい人なんだ」って自分の脳にインプットさせていくことをしているんです。「仲の良い友達のような2人」って感じで全然良いんです。警戒心を解くためにはそういうふうにしょっちゅう会っていくってことで、案外上手くいくってケースがかなり多いですね。

恋愛感情は湧いてないんだけど「友達」みたいになってるわけですよ。信頼関係が深まってるというか。

親友みたいなね。

そうそう。それがすごい大事ですよ。

そして2つ目は、自分自身の自己肯定感をあげるためにはどうしたらいいのかみたいなことを、ご自身の中で探求していくってのが大事かなって思いますね。

やっぱり自分自身が何でそうなのかは、表面意識でいくら探しても分かんないんですよ。

表面意識は4%以下と言われているんです、全体の。全部忘れたいこととか嫌なこと苦しいことってみんな自分の無意識の中にいれちゃってるから、ちょっとぐらい思い出せない過去なんていっぱいあるわけですね。

「なんか分かんないけど、自分は異性に対して嫌悪がある」とか、自然と心が閉じちゃうってあるじゃないですか。

その原因は何なのかを自分1人で探るのはとっても難しいですね。

なので、相手がいてその相手がちゃんと焦点を当ててお話をきいてくれるのがカウンセリングなんです。

なので、私達体験カウンセリングだったら簡単にやりますので、もしよかったら是非お声かけ頂ければと思います。zoomでやれば全国どこでもちゃんとできますので。そんな感じです。

 

さて、「リアルラブ」では30分3,300円(税込)のカウンセリング体験をおこなっています。

あなたの持つお悩みを明確にして、自己理解を深めていきましょう。

どんなことでもお気軽に話してみてくださいね。

>>zoomによる体験セッションのお申し込みはこちら

>>お問合せやそのほかのお申込みはこちら

TEL:0120-348-145(10:00-19:00)

>>結婚相談所「リアルラブ」の公式ページ

簡易診断というかたちであなたの過去の男女関係のパターンと人間関係、会社とか職場での人間関係とかのパターンと、過去の親との関係兄弟との関係、この3つの質問だけでこのどのパターンに当てはまるかってのがでてきますから、なんでしたらぜひやってみてください。

簡易診断はこちらです>>「結婚できない理由がわかるあなたのブレーキ簡易診断」

 

湯田佐恵子公式メルマガ

湯田佐恵子 (ゆださえこ)湯田佐恵子公式メルマガ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました