毒親育ちだと婚活にどんな影響が ? 自由になる対処法は…?

婚活 お悩み

婚活ばかりではなく、恋愛、結婚、子育てなどすべてにおいて

親が毒親で、その愛情を素直に信頼できないまま育つと、

人生は簡単なものではない…かもしれません。

(あなたが思っているよりも実は大変かも?)

でも、私たちの世代でこんな悲しみの連鎖は終わりにしましょう!

新たな幸せのパターンを作り、過去の連鎖を断ち切ることは可能なんです。

簡単とは言いませんが、意図しさえすれば

どこまでも信頼しあえる最高の結婚相手が手に入ります。

方法は、とてもシンプルです。

この記事を書いた人
yuda

「私、結婚できないかも…?」若いころから超自己肯定感が低く、やっと40歳を前に一念発起。心理学・性格学・カウンセリングやセラピーを学び、41歳で結婚・42歳で出産。実体験をもとに「婚活カウンセリング&結婚相談所リアルラブ」を開設し、夫とともに今年で22年。婚活だけでなく夫婦関係、子育て、セックスレス、妊活などの相談も好評。

毒親から自由になる

毒親から自由になる対処法。

毒親って皆さんよく言いますよね。「毒親」という言い方自体どうか?という話もありますけど、実際そういう事で苦しんでる人は多いと思います。

まず一つ目。

毒親からの生育歴が婚活に与える影響についてちょっと話していきたいと思います。

ヒロさんのところの担当してらっしゃる方でどんな感じがする?

なんかやっぱりどっか根本のところで傷ついてる感じだね、だから自信がない。特に人と繋がることに自信がないって人も多い感じするね。それからどっか人を愛するとか心の部分で引きこもってる感じ。それから職場とかでも被害者に陥りやすい傾向にある。「相手のほうが悪い」って思えてしまうみたいだね。そういう傾向はあるかな。

なにか問題を感じると「相手が悪い」と

思っちゃうっていう。

やっぱり自己肯定感が低い気がする。

「どうせ私は…」みたいな。

幸せを信じられない

要するに世界を疑ってる感じがありますよね。

なるほど、疑いね。

「素晴らしい」とか「幸せ」とかポジティブな喜びをフツーには信じられないんですよね。そこがすごく不幸な感じがしますね。

そこが1番かもしれないね。

具体的なパターンでいくと、「お見合いをしても交際に入りたいとなかなか思えない」って人ももちろんいるんですけれど、行動力があって相手の良いところいっぱい見つけて、どんどん交際深まって真剣交際までいきましたと。でもその後がちっとも進まない。なんだか分からないけど気に入らないとこが見つかっちゃう…って人もいます。

見つけてしまうっていうかね。

それと人によって結婚はすごく早い人もいます。

だけど、結婚して別れちゃうとか…。

幸せなままでいるのがなかなか大変。

時々、バツ2バツ3の人っていますよね。

よくよく聞いてみると親との関係にいっぱい問題があることが多い。

そういうケースは多いよね。

残念な話ですけど。

毒親ってなに?

2つ目。

そもそも、毒親ってどういう事なのか。

皆さんご存じのように毒親なんですから親が毒を吐くんですよ、っていうのは分かると思うんです。とんでもない言葉を投げつけたり暴力を使ったりっていうのが一般的ですよね。ここをあえて踏み込んで「それって一体どういう事なのか」をちょっと理解しようとしてみませんか。「なぜ親は毒を吐いてしまうのか」です。

もしかしたら、その親も、自分自身を愛せなかった。

そうなんだよね、そういう連鎖がね。

親も子供の頃がもちろんあったからね。

自分自身の事を価値がないと思ってる。そうなると恐らく「その親の親も…」って事ですよね。だから連鎖、ずっと連鎖しているわけですよ。

私達は「毒親」みたいなわかりやすい言葉を使って、親から受ける影響を敏感に感じることができる時代だからいいですけど、親の時代は「毒親」って言葉もなかったし、毒親されてる事に対して対処するのが精一杯だったんだろうなと。

そしてその事がどれだけ子供へ影響を与えるかどうかも分からずに子供を持って、「自分はこうされてきたからそうするべき」と同じように育ててしまう。

自由になる処方箋

そうしたら3つ目は?

毒親から自由になる対処法です。

「毒親はどういう人か」は話しましたけど、まずは自分自身ですよね。

「『自分は価値がない』と思ってる人に育てられたんだ」っていう事実を受け入れる。

当然「自分自身も価値がないと思ってる」と思う。毒親に育てられていた自分にすごい無価値観を感じているんですね。これは投影されるので、世の中に対しても同じように無価値観を感じているわけです。

実際に相当ひどい事をされたかもしれないですけど、「相手を許そう」と性急に思うのはとても無理ですよね。

まずは、そういう現実を、ありのまま受け入れること。

まずはね。

これが案外難しかったりするんですねー。

辛かったりするよね。

「自分の親が毒親だ」と思う事自体が難しかったりします。「私は普通のはず。普通でいい」とつい思っちゃうんですよ。

毒親認定が大事なんじゃなくて、自分が親との関係の中でなんか滞りを感じてる。なんか「愛されてる感じがしない体験があった」っていう、自分の気持ちの問題。

そこに正直になるって事だね。

親が毒かどうか、何をしたかじゃないんです。こっちです、問題はね。「そういう体験をしている現実」です。

親に育てられる過程で、なんかくしゃくしゃした思いがあった。

こういう現実を受け入れて、自分自身も親に対して仕返ししたり抵抗したり諦めて無力になったり、いろいろとあったかもしれない…と思うけど、まずは自分自身を受け入れるっていう事がすごく大事です。

許すっていうのはそういう事だよね。

そう、自分をちゃんと許し、受け入れる事ができたら、コミュニケーションするといいですよね。

親とのコミュニケーション

「親とのコミュニケーションなんて難しい」っていう人はたくさんいます。「それはできません!親に対してその話だけはできません」って言いますよね。

その話をする事が難しいと感じているなら「話をするのはまだちょっと時期尚早だ」という事です。まだ自分を許し足りていないんです。だから「自分の事を本当に許す」。

その「許す」っていう意味なんですけど、それは「自分を正当化する」のと「許す」というのは、まるで別の似て非なるものなんですね。

んー、そこちょっと難しいかもしれない。

自分を許す

まず、誤解ないようお伝えしますと、「許す」というのは「相手を許す」んじゃないんです。ここで多くの人が勘違いする。

「親を許す」って話をしてると思い込んじゃう人がいるんだけど、それぐらいみんな「『親を許さなきゃいけない』って思い込んでいる」んですよね。

自分を許す」と言っているんです。「ちっとも親に会いたくないと思っている自分を許す」んです。「お正月が近づく度に田舎に帰らなきゃいけないけど帰りたくない」って。年末になると「明日帰るねって言いながら、もう今日になっちゃった。けど帰りたくない…」っていう悩みをたくさんの人たちから聞きますけど。

「そういう自分を許す」んですね。

無理に帰らなくたっていいはずです。もちろん帰りたくなって帰るのが1番ですけど、まだそれが難しい場合、自分にどこまで葛藤を起こすかで選択しましょう。「ちょっとぐらい遅れても、ごめんねって言って帰る」と決めたらそれはそれで素晴らしい選択ですよね。

そこらへんも「自分自身に対する葛藤があるのが当たり前だよね」って許してあげる。

帰郷してつい喧嘩しちゃう事もありますよね。当然ですよね。お互い愛憎悲喜こもごも。過剰に「期待」が入っちゃう。

そういう事もあるね、実際会員さんでね。

帰ってみて1日目は良かったけど、だいたい2日目からぶつかったり。あぁまた…みたいな昔のパターンだね。

本当に。喧嘩の理由も大した話じゃないですよね。「お正月ちょっとだけ寝過ごしたら突然親が怒鳴りこんできた」とかね。そういう話をそのまま聞くと「えぇーそんな事で?」と思うけど、これって実は長期にわたる喧嘩だから、親だってあなたになにかされたっていう過去の体験を持ってるわけですよ。「私は一方的に可哀そうな人なんです」って、私たちはつい思いたいんだけど。相手にひどい事されたらちゃーんと自分も無意識に応戦してるわけですよね、どっかで。

で、これも「そうか、競争だったんだ…」と受け入れようねって事なんですよ。

「受け入れる」って事がどんどんできるようになると、少しづつ話せるようになりますよね、親と。

面白いんですけどね、自分が受け入れられた度合だけ、相手の反応がどんどん変わっていくんです。

親の反応が変化

私達の会員さんもそういう人過去何人もいるんです。「お正月が1つの鬼門だよね」って言ってます。戻ってくるとたくさんの人が親との喧嘩を話すから。

「あなたもそうなるのは当然だし全然自分を責める必要はないんじゃない?でもお母さんはこんなつもりで言ったんだよね」みたいな話をすると、「あぁそうかぁ」みたいになるわけですね。「じゃあこんなふうに言ってみたら…どう反応するかな?」とか、シミュレーションしたりして。

それだけでまた状況が変わって、だんだんだんだん親と話せるようになって。親と話したい人は。

もちろん「許さない」って決めてしまっている人はずっと許さないですけどね。

そこらへんは人によるんです。親とつながりたい気持ちがあればどんどん変わっていける。「毒親に育てられた」って頑なに思い込んで「毒親だから私の人生は不幸になるしかない」って決めていると、全く変化しない。

そこが1番もったいないとこだよね。

子供の時は大変だったけど今は一応大人同士で少しずつ話ができるようになってきたぞ、みたいな。そういう体験が親とできるようになると、さっき言ってた婚活で滞ってた部分がちょっとずつ良くなっていくんですね。

改善していく。

お見合いして全然交際に入れなかったような人が、だんだん素敵な人が申し込んできたりして、そういう人達とだんだん交際が長続きするようになっていったり、最終的には成婚していきます。

「自分が幸せになっていい」っていう自分への許可とか、それから「自分は愛される存在なんだ」って自己肯定感が少しずつ蓄積されていくと、結婚した後に親との関係がガラッと変わったっていう話よく聞きますよね。

そうですね、本当。だから、自分自身は幸せになりたいって本当に願ってる人は、どんな環境も越えていけますよ。

そういう人こそ私達サポートしたいよね。

なので、毒親でお困りの方もぜひお声かけいただければと思います。

長い事婚活をしてて同じパターンから抜けられないってのはそういう可能性があるんです。

だから自分自身の体験してる人間関係とか男女関係とか親との関係とか、そういうところをもう1回洗い出す事によって何かが見えてくる事もありますからね。

ぜひ体験カウンセリングを利用していただければと思います。

では今日はここまでで。ありがとうございました。

 

さて、「リアルラブ」では30分3,300円(税込)のカウンセリング体験をおこなっています。

あなたの持つお悩みを明確にして、自己理解を深めていきましょう。

どんなことでもお気軽に話してみてくださいね。

>>zoomによる体験セッションのお申し込みはこちら

30分間1対1でお話しませんか?

体験セッション申し込み(公式サイト)

>>お問合せやそのほかのお申込みはこちら

TEL:0120-348-145(10:00-19:00)

>>結婚相談所「リアルラブ」の公式ページ

簡易診断というかたちであなたの過去の男女関係のパターンと人間関係、会社とか職場での人間関係とかのパターンと、過去の親との関係兄弟との関係、この3つの質問だけでこのどのパターンに当てはまるかってのがでてきますから、なんでしたらぜひやってみてください。

簡易診断はこちらです>>「結婚できない理由がわかるあなたのブレーキ簡易診断」

結婚できない理由がわかる

あなたのブレーキ簡易診断はこちら

湯田佐恵子公式メルマガ

湯田佐恵子 (ゆださえこ)湯田佐恵子公式メルマガ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました