甘えベタは婚活が長引く! 男をその気にさせる甘え方の極意を伝授します

婚活 お悩み

婚活中の女性から、よく「男の人に甘えると嫌われないでしょうか?」

と質問されます。

もしかしたら「男性が喜ぶ甘え方」と「嫌われる甘え方」があるようですね?

今回はそのお話をしたいと思います。

例えば「どこに行きたい?」と聞かれ、遠慮して

「私、何でもいいです…」などとあいまいな返事をしたときほど、

男の人は困惑しちゃいます!

では…男の人が喜ぶ甘え方とは?

甘え方とセクシャリティーの関係とは?

甘えることで、二人の関係はどう変化する?

こちらの内容はYouTubeでも公開中です!

この記事を書いた人
yuda

「私、結婚できないかも…?」若いころから超自己肯定感が低く、やっと40歳を前に一念発起。心理学・性格学・カウンセリングやセラピーを学び、41歳で結婚・42歳で出産。実体験をもとに「婚活カウンセリング&結婚相談所リアルラブ」を開設し、夫とともに今年で22年。婚活だけでなく夫婦関係、子育て、セックスレス、妊活などの相談も好評。

男性が一番嫌がる言葉

甘え方が下手な女性は婚活が長くなる。

恋愛の時はなんかすごい素直にできるようなことを、婚活ではできないでしょう?みたいな。だって、恋愛の時は好きだから一緒にいるけど。

そこはえらい違いだね。

よく皆さんおっしゃるのはね、女性の皆さんがおっしゃるのは。

婚活女性?

そうです。「そういうことをやって嫌われないでしょうか?」って言うわけですよ。

あーそれは私も聞くね。

特に若い頃の恋愛で失敗して「今何してるの?」「ねぇ教えて?」「今行ってもいい?」っていうべたべたなのをやっちゃって、それで「私は甘えたんですけど、どんどん嫌われちゃういました」という話が多いでしょう。

男性が引いていく。

そうそう、男性が引いていく。「捨てられました」みたいなね。

つまり、良い甘え方と悪い甘え方があるらしい。

そうなんですよね。

ちなみにあなたが嫌だと思っている甘え方は何ですか?

自分が苦手なことじゃない?急に「これどう思う?」とか、ある意味僕からしたらアバウトな事を聞かれたりすると、ものすごく切り替えるのが大変。

男の人って、「何でもいい」っていうのが一番嫌なんだって。

だから、「今日はあれが食べたーい」とかって言うのがいいんだって。それは甘えだというふうに受け取って「よし、じゃあ作ってやろうか」

それは良い甘えなわけね。

そうそう。「まぁお任せします…」とか。今の話でいくと、「ねぇどう思う?」っていうのはうわーってなっちゃうと。

男の人って、要するに「指示した方がいい」らしい。

だってさ、その「どう思う?」って言ってる時って、皆さんに説明しますとこれ私共の内輪の話ですけど、別に私は女として男の人にそれを言ってるんじゃないのです。一応このどこどこのサイトにこれを載せるの「どう思う?」とか、そういうことを相談してるんでございます。それなのに、どう思う?って?

分かった、僕今気付いてきた。あなたとのケースではなぜそれが嫌かっていうと、下手なこと言うとグワーッて攻撃される。

そう!それでね。またネットで男性の声を調べてみたところ「『なんでもいい』って言いながら何でもいいじゃないだろう!『じゃあこれ』って言ったら『えーそれは嫌い!』って」って。

そうそう。

ほら一緒だ

なんか罠に引っかかった感じ。前、君に言ったことがあるけど、トリモチとかさ、動物を捕まえる罠に引っかかって「あぁまたやってしまった」みたいなさ。何が正解か分からない時ほど苦痛なことはないね。その相手が聞いてることが。求めてることが。

そうそう、だからあなたの苦痛は「仕事上のこと」じゃないんですよ。多分男女関係抜きではそんな苦痛にはならないと思うんです。

男は「女が何を求めているか、期待に答えたい」というのが、底辺に流れているんです。男は、女が「こうしてほしい」というのに答えて、やってあげることにすごいやりがいを感じているわけ。

このやりがいが、すごーく相手の男性をその気にさせるんですよ。女性の皆さん。

だから「あぁ私何でもいいわ」ってのは、本人遠慮しているつもりなんだけど全然遠慮になってない。

男性には「じゃあ今日はこれがいい」とか「あそこに連れてってくれる?」って言った方が喜ぶ。「僕が調べておくよ」みたいなね。「僕に頼って。」みたいな感じがね、出てくるんだそうでございます。

男ってバカですよね。

なんか今思い出したけど母親とのことを思い出すのかもしれない。

あらま、トラウマがあるわけですね?

あからさまな指示もまた嫌だし、みたいな。なかなか難しいね。

難しいんですよ。

男性を喜ばす言葉

とにかく男の人はとても頼られると喜ぶ。で、指示は具体的がいい。

だから自分から近づいて行って「私どこどこ行きたいの」「ねぇいい?」とかって触ったりとかね。

そうそう、こういう言い方もね。

言い方もね、前も言ったかもしれないですけど、ぶりっこはしない方がいいのよ。

僕もちょっと調べてみたけど、そういう、明らかにぶりっこしてるって分かるのは嫌だそうです。

もちろんそうですよ。明らかにぶりっこになっちゃってたら。

そうそう、面白いなと思ったのが「自分の前では依存ぽく甘えてくるんだけど、自分と離れた後は自立している女が良い」っていう話があって。

なるほど。それはそうかもしれない。基本自立ね。

経済的にもいろんな意味でね。

それこそね「今何してるの?」「私寂しいの」とかそういうこと言わない。自分でちゃんと一人遊びもできる。

自活だね。

甘えるのって何でもいいんですよね。「これ開けて」とかね。

それは君普通に上手だよね。

「これ開けてー。これ取って高いから」とか。

「(背中の)後ろ留めて」とかね。

そういうのは僕は嫌いじゃないよ。

そういうのは簡単なことなんですよ。だから頑張って1人でやるんじゃなくて「お願いしてもいいですか?」みたいな。

頑張れば自分でもやれないことはないけど、みたいな。

そうそう、今はビンの蓋を開けるやつなら

100均とかでいっぱいありますからね!

そうだね。

だからそういうことをやる時、相手に対してどういう気持ちかです。ぶりっこではなくて。

なんかね、思ったのは、例えば2人で横並びしてるとするじゃない。

自分はどう生きたいとかさ、私はこう生きたいとかさ、お互いに協力し合って生きようねみたいな感じってのは、結婚した後に例えば子供ができて、すごく横並びの関係ってのは同志みたいで良い感じなんですね。これは男女っていうよりは同志。

共同の目的がある同志だ。

そう。だけどこういう生活を作っていくためには、男女関係っていうのはその前に向き合う必要があるじゃないですか。ね、婚活中の皆さん。

で、向き合った瞬間にですね、「あぁ嫌だ!」とかが始まるわけです。

何が嫌なのかっていうとセクシャリティなんですよ、向き合った瞬間に出てくるのはセクシャリティ。それから、親密感っていうかハートが本当に近付いていくその感覚を、すごく怖がる。

だからもう、例えば去り際に「もうちょっとお話したかったです」とか、そういう可愛いセリフ「思ったけど言えないよ…!」みたいなね。(笑)

で、「こう思ったけど言えませんでした」ってデート報告に書いてあったりして。

とにかくセクシャリティが介在してる中に、その「甘え」が出てくるんですよね。

出てくるってのは?

「甘え」が。つまり向き合った時に相手を異性として認識するじゃないですか。

しますねお互い。

「男の人を自分が必要としているんだ…」っていう。

そういう感覚を感じる事が大事なんじゃないかと思うんですね。

だから、できるんですよ、別にビンの蓋なんてね。

別に高いところだって踏み台あれば何でもできるんだけど。

でも男の人にやってもらう方が「楽しい」じゃないですか。

「2人が男女である意味」とか。「男女」じゃなくてもLGBTでも同じですけど。

2人の人間が同じことを目指してる時って快適だし、基本自立してる同士が、向き合った瞬間は甘え合う、お互いが助け合うっていう感じ。

それが、すごく2人でいることの貴重な意味を体験するっていうか。

この感覚が育たないと親密になれない

この感覚が育たないと婚活が長くなっちゃうよって話。

だから勇気が必要ですよね。相手と距離を詰めるっていうことになるから。

親密になるってことね。

親密になることへの恐れを越えていくことでしょ。

そう。男の人は何でもやってくれるって構えでいる人も多いから、やっぱり女性次第なんですよね。「ごめんなさい、私ちょっとあれなんでこうしてもらえますか?」って言うと「あっいいですよ」みたいになるわけですね。

そうなると男の人はワクワクしちゃうわけです。女性が「ごめんなさいハイヒールがちょっと靴擦れで」とヘタレ込んでも、男の人はウキウキしながらね「大丈夫ですか?」とかって言っちゃうわけですね。女性はそういう時思いっきり甘える。

まとめ

じゃあちょっとまとめてみましょう。

男の人に甘える時はあいまいに言うんじゃなくて具体的にお願いした方がいい。

「これこうして?」っていうふうに具体的にお願いする方が男の人は「よし分かった!」ってなりますね。

婚活してる人達ってかなり自立している女性が多いじゃないですか。

お互いそれこそ横並びで「私昨日仕事でさ~」って言っちゃう感じがあるんだけど、やっぱちゃんと1回男女で向き合うって感じがあると、「この人にあれをやってもらうと喜んでもらえるかな」っていう発想が。

「甘える」っていうのは相手にやってもらう行為なんだけど、ちょっと「相手に貢献している」っていう感じもあるわけですよ。

お願いすることでね。それはきっとそうだよね。それは男性にも伝わるっていうか、「この人は2人でいることに向き合ってくれている」っていうか。結婚が前提になっているわけだから、結婚したいっていうのがね。

恋愛だったら自然とできるわけだけど、婚活の場合はもう会ってそれから交際に入ったらすぐそういうことができるような気持ちになれるといい。「相手の存在を喜ぶ」ような、ね。

そのマインドの中でちょっと甘えてみる。

それからほら、必ずしも今交際中の人が

結婚相手じゃない可能性も高いんだけど。

そう。そういう機会に練習する。

そうそう、そこだよね。これを積み重ねて自分もそういうのが上手くなっていく。短い時間で君が言うようなことが出来ていくっていうのが大事だよね。成婚のための。

とにかく「お願いをして、相手に受け入れてもらえる状態を作る」のは、自分自身が逆に「愛を与えている」ことになるんです。

そこだね、大事なところは。

そんな感じです。ぜひ皆さんどんどん甘えてみてください。

分からないことがあったり反論があったら下に書き込んでください。

今日はこれで。ありがとうございました。

 

さて、「リアルラブ」では30分3,300円(税込)のカウンセリング体験をおこなっています。

あなたの持つお悩みを明確にして、自己理解を深めていきましょう。

どんなことでもお気軽に話してみてくださいね。

>>zoomによる体験セッションのお申し込みはこちら

30分間1対1でお話しませんか?

体験セッション申し込み(公式サイト)

>>お問合せやそのほかのお申込みはこちら

TEL:0120-348-145(10:00-19:00)

>>結婚相談所「リアルラブ」の公式ページ

簡易診断というかたちであなたの過去の男女関係のパターンと人間関係、会社とか職場での人間関係とかのパターンと、過去の親との関係兄弟との関係、この3つの質問だけでこのどのパターンに当てはまるかってのがでてきますから、なんでしたらぜひやってみてください。

簡易診断はこちらです>>「結婚できない理由がわかるあなたのブレーキ簡易診断」

結婚できない理由がわかる

あなたのブレーキ簡易診断はこちら

湯田佐恵子公式メルマガ

湯田佐恵子 (ゆださえこ)湯田佐恵子公式メルマガ

コメント

タイトルとURLをコピーしました